こんにちは!
八潮市・三郷市の日の出整骨院の鈴木です。

いつも八潮市・三郷市の日の出整骨院のブログを御覧いただきありがとうございます!(^^)!

早くも2月、まだまだ寒い日が続きますが体調を崩したりしていないでしょうか?今日は『体を温める』ことの重要性と効果のお話をしたいと思います。

体を温める事のメリット

効果その1

免疫力を上げる 体温が平熱より1℃下がると免疫力が約30パーセント落ちるという話は 聞いたことがありますか?
逆に1℃上がると3~5倍になるそうです(●^o^●) 血液の中には免疫にかかわるリンパ球というものが含まれています。
体温が上昇すると毛細血管が拡張してくれるので、リンパ球が体の隅々までいきわたるようになり、免疫力が上がるという仕組みです。
平熱が低い人は免疫力低下の可能性があります。体を温めて36.8℃を目指しましょう☆

効果その2

筋肉や関節を温める。 寒い季節には体がちぢこまって肩が凝りやすかったり、体がだるくなったりしやすいです。
そんな時にはやっぱり『温める』が大事なんです!
温め方は お風呂に浸かる、肩の凝っている部分にシャワーを1分程度当てる、膝や腰にホッカイロを貼るなどなんでもいいです。
あ、眼精疲労なんかも蒸しタオルやシャワーで温めるとすごく楽になりますね(◎o◎)
毛細血管が拡がり、皮膚が赤くなったらしっかり温まった証拠です☆

いくらマッサージでほぐしても、血流が悪いとすぐ硬い筋肉に戻ってしまいますし、
極端な話、体の細胞は血流が滞って栄養がもらえないと、どんどん弱ってしまいます。

免疫の話も含め、人間が健康状態を維持するためには血流が必要不可欠で、その血流の状態を知るための方法の一つが『体温』なんです。
体がポカポカ温まると代謝も良くなるし、副交感神経が優位になって体がリラックスモードになってくれて良い事づくしですよね。
すごく当たり前で地味ですが、温めることってすごく重要なんです。

体温アップを意識して今年の冬も乗り越えましょう(^^)/☆

 

他の医療機関では受けられない治療を受けるなら八潮市、三郷市、足立区の日の出整骨院

カラダを根本から改善します

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中が監修しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。