つくばエクスプレス線八潮駅から徒歩2分の日の出整骨院は交通事故の後遺症治療を得意とした整骨院です。

 

八潮・三郷・足立の日の出整骨院では、骨格や関節の歪み・ずれを正す骨格矯正の整体を中心に施術しています。

交通事故の後遺症の代表と言えばむちうちです。

むちうちには、いろいろなタイプがあります。

むちうちのタイプはどんなものがある?

交通事故の瞬間、急ブレーキや追突などで大きな衝撃を受けると頸椎や腰椎、骨盤などが正常の範囲以上に振られてしまう事でずれたり歪んでしまうことがあります。

このずれや歪みが筋肉靭帯の損傷を起こし、怪我の治療後にも首の痛み・腰痛などが続くのが捻挫タイプのむちうちで、最も多いタイプになります。

 

またずれた骨格や関節が神経根を傷めると、しびれや坐骨神経痛が出る神経根タイプのむちうちになります。

また神経根の炎症がひどいと、自律神経にまで影響が及ぶことがあります。

 

自律神経では体調を整えるホルモン分泌を管轄していて、血行やリンパの流れ、体温調節などをしています。

むちうちによる骨格のずれや歪みが自律神経に影響すると、こうしたホルモンの分泌バランスが乱れてしまうことから、血行やリンパの流れが停滞し冷えやいろいろな自律神経失調症状が発現します。

 

自律神経タイプのむちうち症は、バレリュー症候群と呼ばれていて肩こりや頭痛、めまい、不眠といった幅広い自律神経失調症が現れます。

むちうち症の治療は日の出整骨院にお任せください!

交通事故の後遺症であることに気づきにくい症状も多いのがバレリュー症候群の特徴で、骨格のずれや歪みが原因なのでマッサージを受けても肩こりや頭痛はなかなか根本改善ができません。

 

八潮・三郷・足立の日の出整骨院では、こうしたいろいろなタイプのむちうち後遺症に根本原因である骨格や関節のずれ・歪みにアプローチをして根本改善しています。

 

交通事故による身体の不調は、八潮・三郷・足立の日の出整骨院まで一度ご相談ください。

ゆがみ矯正専門院の日の出整骨院

※本記事は厚生労働省認可の国家資格:柔道整復師 田中が監修しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。