HOME | 対応症状 | スポーツ障害

スポーツ障害の治療は日の出整骨院におまかせください。

スポーツ障害とは

スポーツ障害とは、運動によって起こるカラダの故障のことです。
身体に無理な負担をかけると打撲や捻挫・筋の炎症・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。
 

スポーツにおけるケガとは?

一般的にスポーツによってケガをする場合、コンタクトスポーツで接触時の外力や転倒時というもの以外は、日々繰り返し同じような動きをしていることで蓄積した疲労や負担が限界を超えたときに出てくることが多いです。
 
例を挙げると以下のようになります。
 
野球肘
→主に野球の選手(特に投手・若年層)にみられる
 
テニス肘
→主にテニスの選手にみられる
 
疲労骨折
上腕二頭筋長頭腱炎
→主に野球・テニス・バレーボールなどの選手にみられる
 
ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
→主にバスケットボール・バレーボール・陸上競技などの選手にみられる
 
シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
→主にマラソンや陸上競技のランナーにみられる
 
インピンジメント症候群
→主に野球、テニス、バドミントン、ゴルフなど肩をよく使う競技にみられる
 
アキレス腱周囲炎
→主に中年以降のランナーやウォーキングなどにみられる
 

関節別で痛めやすいスポーツの怪我


むち打ち症等
 

野球肩、リトルリーガーショルダー等
 

野球肘、テニス肘等
 

腰椎分離症・すべり症、梨状筋症候群等
 

ジャンパー膝、サッカー膝、ランナー膝、オスグッド・シュラッター病、タナ障害、腸脛靭帯炎、分裂膝蓋骨等
 

シンスプリント、アキレス腱炎等
 

足底筋膜炎、踵骨骨端症等
 

競技別に探せる!スポーツ障害事例集

野球

野球肩
野球肘
投球障害
シンスプリント
腰痛
ヘルニア分離症
すべり症
インピンジメント

バレーボール

ジャンパー膝
足首の捻挫
シンスプリント
足底筋膜炎
指の骨折
指の脱臼
肉離れ
打撲
インピンジメント

バスケットボール

ジャンパー膝
足首の捻挫
シンスプリント
突き指
足底筋膜炎
肉離れ
打撲

ソフトボール

野球肩
野球肘
投球障害
シンスプリント
腰痛
ヘルニア
分離症
すべり症
インピンジメント

サッカー

足首の捻挫
半月板損傷
靭帯損傷
打撲
肉離れ

ラグビー

骨折肩の脱臼
捻挫
打撲
肉離れ
十字靭帯
側副靭帯損傷
半月板損傷

テニス

テニス肘
インピンジメント
シンスプリント

陸上

ランナー膝
ジャンパー膝
シンスプリント
足底筋膜炎
外脛骨炎

卓球

シンスプリント

バドミントン

テニス肘
肩の障害

柔道

捻挫
打撲
脱臼

剣道

肩の障害
腰の障害
膝の障害

一般的なスポーツのケガの治療法

スポーツ障害とは
スポーツ障害を生じた場合、症状にもよりますが、基本的にはRICE処置を施します。
RICEとは休息(Rest)冷却(Ice)圧迫(Compression)挙上(Elevation)の略です。

休息(Rest)

患部を包帯などで固定し安静にさせます。

冷却(Ice)

患部を氷嚢などで冷やし組織の血管を収縮させ腫れや炎症を抑えます。

圧迫(Compression)

患部を包帯やサポーターなどで圧迫することにより内出血や腫れを抑えます。

挙上(Elevation)

患部を心臓より高く上げることによりリンパの流れをよくして腫れを抑えます。
 
また、関節可動制限がある場合はその関節を矯正することで、治癒期間の短縮が期待できます。
 
例えばテニス肘の場合、肘だけを診るのではなく肘関節と連動して動く背骨と肩甲帯(上腕骨、鎖骨、肩甲骨、肋骨)の関節可動制限を回復させることで、 より短期間に治癒することが多いです。
 

日の出整骨院で出来るスポーツのケガへの対処

一般的に上記のようなスポーツによるケガの場合は、安静の期間を作って痛みの軽減を図ったり、鎮痛剤を投与あるいは服用して経過観察をしたりすることが多いです。
 
痛みがひいた後にスポーツを再開させるものの、しばらくすると痛みを再び引き起こしてしまい、そのケガに悩まされながらスポーツを続けることになったり、それがもとでそのスポーツを辞めざるをえなくなったりします。
 
または、痛めた部位を手術した後にリハビリを経て、スポーツを再開させたりするケースもあるかと思います。その時のリハビリとして、一度衰えた筋肉や関節機能をトレーニングによって元の状態に近づけるのを目指していきますが、その場合も棒に振る期間が長くなってくることが想像できます。
 
八潮市日の出整骨院としては、そういった苦しむ期間を極力持ってほしくないので、スポーツによるケガを引き起こす根本的な原因へのアプローチをして、ケガをしにくい身体づくりをしていきます。
 
ここで考えられる根本的な原因とは骨格のゆがみです。
 

なぜ骨盤がゆがんでしまうのか?

スポーツによって骨格がゆがむというのは、以下のようなメカニズムで起こっていきます。
 
繰り返される左右不均等な動きの反復(練習)による、筋肉や骨格にかかる負担の蓄積
負担のかかった部分の血行や筋肉の柔軟性が低下
骨格に歪みが生じ、その状態が身体に記憶される
筋肉・関節に対しての負担がやがて限界を超えて症状を発する
 
 
このような順序で症状が出てきます。
なので、私たちはこれを根源から断ち切ってスポーツをより高いパフォーマンスを継続できるような身体づくりをサポートしていきます。
 

八潮日の出整骨院のアプローチ方法

左右不均等な動きの反復(練習)でかかる負担を、骨格へのアプローチでリセットしていく
練習で負担のかかっている部分の血行や筋肉の柔軟性を保つ
骨格の歪みを最小限に食い止め、そのよい状態を身体に記憶させる
筋肉・関節に対して過度の負担がかかることを防ぎ、高いパフォーマンスを維持する
 

スポーツ障害でお困りの方へ

人のカラダは一見痛む部分だけが悪いように思われがちですが、関節、筋肉等、いろいろな部分でつながりがあり、連動して働いているのです。
スポーツ障害で最も大事なのは、無理なトレーニングをせず、自分の能力にあったトレーニングを行うこと。そして、異常を感じたら直ちに運動を中止し、整骨院、整形外科等を受診することです。
 
八潮市日の出整骨院では、様々なスポーツ障害(野球肘・ランナー膝・シンスプリント等々)に対応しており、お子様から大人の方まで幅広い年代の方にご来院頂いております。
お困りの方は、ぜひ一度八潮日の出整骨院までご相談くださいお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

埼玉県八潮市×接骨・整骨部門
埼玉県八潮市×整体部門
埼玉県八潮市×カイロプラクティック部門
  • 日の出整骨院
   ホーム
   初めての方へ
   スタッフ紹介
   アクセス
   料金表
   LINE予約
   求人情報
   整骨院と整体院の違い
   骨盤矯正
   猫背矯正
   骨格矯正
  • 交通事故対応
   交通事故治療
   むちうち治療
   後遺症治療
   慰謝料
   弁護士の紹介
   バイク事故
   追突事故
   人身事故
   自損事故
   労災保険
  • お悩み一覧
   肩こり
   腰痛
   ぎっくり腰
   頭痛
   寝違え
   五十肩
   膝の痛み
   ヘルニア
   坐骨神経痛
   むくみ
   ストレートネック
   スポーツ障害
   自律神経失調
   不眠症
        冷え性
LINE
料金表