HOME | 対応症状 | 自律神経失調

自律神経の乱れは体のすべての不調につながる!?

自律神経の乱れがあるとどうなるの?自律神経失調症の症状

 
自律神経失調症という診断名を聞いたことがありますか?
最近になって聞く機会が増えてきて、身近な人で診断された人がいるという方も少なくないのではないでしょうか。
自律神経失調症の症状は様々で、以下が代表的な例です。

  • 頭痛、肩こり
  • 吐き気、めまい
  • 息苦しさ、動悸、不整脈
  • 食欲低下
  • 胃など内臓の痛み
  • 下痢や便秘になりやすくなる
  • 冷え症
  • 不眠

この症状がもっとひどくなってしまうと

  • パニック障害
  • 過敏性腸症候群
  • そううつ病

など病名が付くようなさらにひどい状態にもつながりかねません。
 

自律神経が乱れる原因

では自律神経に乱れが起こってしまう原因とはいったい何なのでしょうか。
 
そもそも自律神経とは、体に運動命令を伝える運動神経、温度や痛みを感じる感覚神経とは別に存在しているもので、「交感神経」と「副交感神経」が存在します。
 
この神経の機能が働き過ぎてしまったり、なんらかのストレスが過剰にかかってしまう事が原因になり徐々に症状が発生してきてしまいます。大まかに説明をしていくと、交感神経の役割は、闘争と逃走とよく表現されます。
 
運動をするなどの体の力を発揮する場面や、大事な会議や面接などの緊張したりプレッシャーを感じる場面などに、筋肉や脳が強く働くように信号を送ります。逆に副交感神経の役割は、リラックスです。
 
睡眠をとる時や、食事をしている時などに内臓の機能や血液の流れがうまくいくように体に働きかけています。
 
どちらも体のバランスを保つうえで必要な事なのですが、このバランスが崩れどちらか一方ばかりが働いてしまっているような状態になると、体は本来の力を発揮できなくなりどんどん悪い方向へ向かっていってしまうというわけです。
 
特に現代人においては、

  • 過度のストレスや睡眠不足
  • 深夜までの仕事や昼夜逆転などによる生活リズムの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • パソコンやスマートフォンの使用頻度の上昇

など
 
生活の中にあふれる様々な要因によって「交感神経」の働きが過剰になってしまっている方が多いと言われています。
 
交感神経は体に力を入れるための神経です。
 
この神経が緊張しっぱなしになってしまうと体はリラックスをすることができなくなり、うまく休めなくなってしまうので不眠や慢性的なだるさにつながり、最悪うつ病などの精神障害にまで至ってしまいます。
 
まず、自分の今の生活環境を見つめなおし、過度にストレスを溜め込みすぎていないか、
 
生活習慣は偏っていないか見直すところから始めましょう。

自律神経の治療法

自律神経症状の治療法には様々なものがあります。
 

  • 病院で処方される薬による治療
  • カウンセリングなどによる心理的な治療
  • 適度な運動を行う

 
やり方はいろいろですが、
どのやり方をとっても交感神経の働きを弱めて、副交感神経の働きやすい体にするという事が大きな目的になります。
 

日の出整骨院の治療法

私たち八潮日の出整骨院では、自律神経の症状に対しても体のゆがみが関係していると考えています。
 

  1. 体のゆがみ
  2. 内臓や筋肉に余計な負担がかかる
  3. 体にコリができる
  4. 内臓や筋肉への血行不良
  5. 交感神経が過剰に働く

 
という流れで自律神経の機能の異常は起こってきます。
特に背骨や首周りのゆがみは、自律神経の中枢がある脳幹や延髄といった部分への血流も阻害してしまいます。
 
この骨格のゆがみから来る血行不良や、内臓・筋肉・関節の不調を取り除き、体にかかっている身体的なストレスを取り除いていく事で交感神経と副交感神経のバランスを正常化していくことが自律神経症状の改善につながっていきます。
 
また、八潮市日の出整骨院では、
背骨・骨盤のゆがみを取り除き体を整えるだけでなく、後頭部や頚部、背部などに存在する自律神経の働きに直接影響与えるポイントへ持続的に刺激を加えて、内臓・筋肉・関節の働きを整える施術も行っています。
 
骨格のゆがみ以外の部分からもアプローチができるのが八潮日の出整骨院の施術の特徴です。
 

自律神経の乱れを予防するには

自律神経の乱れは生活の中にある様々なものが原因になって起こってくることは理解していただけましたでしょうか。
 
その中には仕事や生活環境など、変えたくてもなかなか変えられないものもあります。
 
時間がなかなか作れず運動などをしようにもできない、続けられない、結果が出ないことがストレスになってさらに悪いループにはまってしまったら最悪です。
 
まずはそういった日々の中でも、自律神経の働きを落ち着けていくために、眠りに入る前にホットタオルなどで目や後頭部などを温める事がおススメです。
 
日中のデスクワークやストレスで緊張しがちな首・頭周りの筋肉を緩めて脳や延髄などへの血流を促進することでリラックスしやすい状態を作れます。
 
交感神経が働き過ぎると浅くなりがちな呼吸を、ヨガの瞑想法や呼吸法で緩めてあげたり、単純に深呼吸を繰り返すこともシンプルですがリラックスにつながります。
 
睡眠前などに少しだけ時間を作って試してみてください。
 

快適な毎日のために

自律神経の乱れは直接目に見えるものではありませんが、
・気が付くといつも体がだるい
・朝スパッと起きれない
・夜もなかなか寝付けない
・やる気が起きない
・イライラしてしまう
など精神的な疲労感につながってきてしまいます。
 
生半可なその場しのぎではなく、本気で自律神経症状を根本から治したい!という方へ
 
八潮日の出整骨院では国家資格を持った施術スタッフが、痛みの原因の原因を見つけお一人お一人に合わせた施術・治療プランをご提案させていただきます。
あなたに本当に必要な治療を一緒に見つけていきましょう!

埼玉県八潮市×接骨・整骨部門
埼玉県八潮市×整体部門
埼玉県八潮市×カイロプラクティック部門
  • 日の出整骨院
   ホーム
   初めての方へ
   スタッフ紹介
   アクセス
   料金表
   LINE予約
   求人情報
   整骨院と整体院の違い
   骨盤矯正
   猫背矯正
   骨格矯正
  • 交通事故対応
   交通事故治療
   むちうち治療
   後遺症治療
   慰謝料
   弁護士の紹介
   バイク事故
   追突事故
   人身事故
   自損事故
   労災保険
  • お悩み一覧
   肩こり
   腰痛
   ぎっくり腰
   頭痛
   寝違え
   五十肩
   膝の痛み
   ヘルニア
   坐骨神経痛
   むくみ
   ストレートネック
   スポーツ障害
   自律神経失調
   不眠症
        冷え性
LINE
料金表